与論島旅行~ギリシャエーゲ海風プリシアリゾートと百合ケ浜~

『何もしない贅沢、与論島』という旅行パンフレットに惹かれ与論島へ。

まさに、その通りでした。

与論島は周囲約22kmの小さな島です。あまり観光化されていないので、自然がたくさん残っていて、周囲のビーチはどこもエメラルドグリーンで美しい。人も少なく、日常を忘れてのんびり過ごすことができました。

まず与論島へは、沖縄空港で乗り継ぎ、プロペラ機で与論空港へ行きます。

与論島は空港も小さいです。荷物受け取りのベルトコンベア(机)がわずか5mくらいで、手動で運ばれてきます。与論島に着いた途端、ほっこりさせられました。

与論空港の滑走路です。すぐ目の前で見ることができます。

荷物を受け取り空港を出たら、与論島の宿泊施設(ホテルや民宿)の方々が車でお迎えに来てくれてます。

今回私は、空港からすぐのプリシアリゾートを利用しました。

プリシアリゾートはギリシャをイメージしたリゾート感たっぷりのホテルで、全室可愛らしいコテージになってます。

ホテル内にお土産屋さんやレストランなど一通り揃っているので、どこも行かずホテルでの~んびり過ごすことも可能です。

ロビーでマリンスポーツやダイビングなどのアクティビティを申し込んだり、レンタサイクル・レンタバイクを利用することもできます。

せっかくなので、歩いて近くを散策してみました。

少し歩けば、キラキラした海が見えてきます。海岸沿いを歩くだけでもすごく癒される。

ホテルから10分くらい歩くと、観光案内所やスーパー(2件くらい)、食事処があります。お店があるのはこの辺りくらいで、基本的に島内にお店はあまりないです。

翌日は朝から、事前に申し込んでいた百合ケ浜ツアーに行きました!

天気も良く、この綺麗さ!!!

グラスボートに乗って、いざ百合ケ浜へ。

残念ながら、この日は百合ケ浜は現れませんでした。

百合ケ浜は、春から夏にかけて、大潮の干潮の時のみ出現するので、事前に出現日を調べてから行くといいと思います!

けど、上陸することは出来ます!

この青い海が見れただけでも大満足です!!しかも、他に観光客はいなかったので独占状態でした。

帰りにはウミガメも見ることが出来ました~!

次来た時は、シュノーケル&ダイビングがしたいな!!

ホテルに戻り、ホテル目の前のプライベートビーチでのんびり。

百合ケ浜ほどではありませんが、ホテル前のビーチもとてもきれいです。

午後からはレンタサイクルで島内を一周してみました。普通の自転車・電動自転車があります。島内は坂道が多いので断然、電動自転車をお勧めされますが、普通の自転車にしてみました。

結果、かなりきついですが、途中でビーチに寄りながら、一周3・4時間くらいで周れました!!!

誰もいない。 自転車に乗ってると風がとても気持ち良かった。

そして、どこからでも海が見える。

ホテルに戻り、夕陽が見れるところへ。

ここはバーベキューのレストランです。最高のロケーション!

食事をしなくても、多くの人が夕陽を見るためにこの辺りに集まってきてました。

『何もしない贅沢』。海の青さと島の自然体に癒された与論旅行でした。

コメント