奈良駅から徒歩で行ける桜の名所。奈良公園~春日大社、東大寺、浮見堂~

奈良市内には桜の名所がたくさんあります。特に、奈良駅から歩いていける奈良公園周辺には見どころがたくさん!

今回は、春日大社→東大寺→浮見堂の順で、半日で楽しめるコースをご紹介します。

春日大社

まず、JR奈良駅を出発し、一番距離のある春日大社から行くことにしました。駅前の三条通をまっすぐ歩くとすぐ奈良公園に着きます。そこから興福寺を通り過ぎ、春日大社の「一の鳥居」が現れます。着いた!と思ったら大間違い!!!

春日大社「一の鳥居」

ここから参道が長かった!!次の「二の鳥居」まで約1kmあります。多くの木々に囲まれ、ゆっくり歩いているとマイナスイオンを感じて気持ちがいいです。

鹿もたくさんいます。

桜がきれいに開花してました!

春日大社「二の鳥居」

「二の鳥居」まで来たら本殿まですぐです。奈良駅からは徒歩25分くらいかかりました!

歩く時間がない。と言う方には、近鉄奈良駅から「春日大社本殿行き」のバスが出ています。バスで約8分です。

春日大社は、全国に約3000社あるという春日神社の総本社で世界遺産です。2018年に創建1250年を迎えました。朱塗りの社殿がとても美しかったです。

東大寺

奈良公園の中心付近に戻ってきて、次は東大寺(大仏殿)へ行きました。約600m先です。

ここにも鹿がたくさんいます。

「南大門」

東大寺の正門、「南大門」です。

「中門」

中門から回廊を通り、大仏殿へ。

「大仏殿」

回廊の周りには桜が満開でした。

「大仏殿」

枝垂桜も綺麗でした☆

奈良公園&浮見堂

またまた奈良公園中心付近に戻ってきて、 次は浮見堂に行きました。

途中、いろんな種類の桜が満開でした。

東大寺からまっすぐ一本道を歩いて約10分です。ちょうど夕日の時間に浮見堂に着いたら、とってもきれいでした!!!

浮見堂

あまりにきれいすぎて、2時間くらいずっとここに居ました💦

時間と共に雰囲気が変わるので、ついつい離れられなくなってしまいました。

夕日に照らされて、少し黄金色になっている桜が美しい。

水面に反射して、桜がすごく壮大な印象になっています。

桜は見えませんが、日が落ちた直後の濃い青空と浮見堂のライトアップされた雰囲気が素敵でした。

ぜひ、お好きな時間帯に行ってみてください!

コメント