パワースポット伊勢神宮へ!~福岡発フェリーの旅~

三重県伊勢志摩へ行ってきました。

目的は伊勢三社参り♡  ~ 二見興玉神社 → 外宮 → 内宮 ~

当初新幹線で行く計画でしたが、フェリーでのツアーを発見し、そちらがリーズナブルだったので今回はフェリーで行ってきました! 2泊3日(船中2泊)です。

まず、新門司港17時発のフェリーに乗り(小倉駅⇔新門司港で無料の送迎バスが出ています)、翌朝5時30分に大阪南港に着きました。
そこからツアーのバスで1日観光。バス移動なので、とっても楽ちんです!

古くから、二見興玉神社で禊をしてから外宮・内宮の順番に参拝するという習わしがあるそうで、 今回はその順番で参拝しました。

二見興玉神社で禊をし、夫婦岩に良縁祈願♡

本殿
「興玉神石」より採取した「無垢塩草」
夫婦岩

天孫降臨の際に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内したとされる猿田彦大神を祀り、
開運招福、家内安全、交通安全 にご利益があるといわれています。

夫婦岩の沖合700mの海中に猿田彦大神縁りの霊石と伝えられる「興玉神石(おきたましんせき)」 が鎮んでおり、夫婦岩はその鳥居とされています。

また古くより、神宮を参拝する前に、二見浦の海水で身を清め禊をするのが吉例とされていましたが、現在ではその禊の代わりとして、二見興玉神社を参拝し、「興玉神石」から採取した「無垢塩草」でお祓いを行うのが一般的になっています。

今回は本殿の中で特別拝観し、「無垢塩草」をいただきました。

外宮(豊受大神宮)

正宮
第一別宮

外宮は、正式名称を「豊受大神宮」といい、豊受大御神を祀っています。
天照大御神のお食事係であり、「食」の神様、衣食住・産業の守り神です。

外宮では左側を歩きます。 (鳥居をくぐってすぐの橋の手前に書いてあります。)

まず、 豊受大御神を祀る 「正宮」へ参拝し、ここではお願い事はせず、感謝の気持ちだけお伝えします。

お願い事は、別宮(第一別宮「多賀宮」や「風宮」・「土宮」)でしっかりしました♪

内宮(皇大神宮)

五十鈴川御手洗場
正宮
第一別宮

内宮は、正式名称を「皇大神宮」といい、皇室の祖先であり日本人の総氏神様でもある天照大神を祀っています。

内宮では、外宮と逆で右側を歩きます。 (宇治橋の入り口に書いてあります。)

宇治橋を渡り、五十鈴川御手洗場でお清めをしてから「正宮」へ向かいます。

こちらでも、「正宮」ではお願い事はせず、感謝の気持ちのみお伝えします。
お願い事は、正宮と同じ天照大御神を祀る第一別宮「荒祭宮」でしました(^_-)

おはらい町&おかげ横丁でおさんぽ

お伊勢参りが終わったあとのお楽しみ♪
おはらい町&おかげ横丁にはお土産やさん・カフェ・お食事処がたくさん並んでいます。

まとめてたくさんのお土産を買いたい時は、おはらい町に入ってすぐの岩戸屋さんに豊富に揃っています!少し歩けば赤福さんも2件あります!

おはらい町

おはらい町&おかげ横丁は片道5~10分くらいの距離ですが、ついつい全てのお店に寄りたくなってしまいます💦
お土産を買ったりお食事をしたりしていたら、あっという間に2~3時間経ってしまいますので、余裕をもって予定を立てましょう!!

赤福本店

赤福本店に寄ったらお客さんでいっぱいです。

ほぼ満席でしたが、回転が早いのですぐ席は空きます!
甘くて温かいぜんざいは大人気で、とても美味しかったです。

フェリーで絶景三大架橋🌈

帰りのフェリーは、大阪南港を19時50分に出発し、翌朝8時30分に新門司港に着きます。

その間、絶景三大架橋を通るということで、何としても見たくて頑張って起きて鑑賞しました☆

ちなみに、2時間半毎に通るので起きるのが大変です💦
往路と復路に分けて鑑賞することをお勧めします!

明石海峡大橋
瀬戸大橋
来島海峡大橋

寒い中頑張って撮影してみましたが、ポスターのようにきれいに撮るのは難しかったです。

橋の真下を通る時は、迫力と美しさに圧倒されます!!ぜひ肉眼で見てください。

伊勢神宮限定御朱印帳

ちょうど新しい御朱印帳を買おうと思っていたので、せっかくなら伊勢神宮の御朱印帳が欲しい、と思い伊勢神宮限定の西陣織の御朱印帳を購入しました。

ピンク色がきれいで、質感もとっても素敵です♡(水色もあります。)

この御朱印帳は、内宮と神宮会館でのみ販売されていますので、外宮→内宮と参拝される方は事前に購入しておかれることをお勧めします!
神宮会館のホームページでインターネット販売もあります。(送料がかかりますが、他では買えないので記念になっていいと思います。)

コメント