年末年始の南フランス&パリ旅行~アヴィニヨン~

○法王庁 ○サン・ぺネゼ橋

法王庁とその周辺(サンぺネゼ橋含む)を「アヴィニヨン歴史地区」といい、世界文化遺産になっています。

法王庁

14世紀に教皇が住んでいたヨーロッパ最大級のゴシック様式宮殿です。

サン・ぺネゼ橋

ローヌ河にかかる橋、サン・ぺネゼ橋。ローヌ河洪水により何度も被害を受け補修されてきましたが、最終的に放置され、このような状態になったようです。

クリスマスマーケット

ヨーロッパは、クリスマスが終わっても街中にはまだクリスマスマーケットが並んでいます♡メリーゴーランドもクリスマスバージョン!

アヴィニヨンのメリーゴーランド
theater

フランスを歩いていると、theater(シアター)をよく見かけます。日常に演劇や音楽がある。フランスの文化ですね。

こちらは、旧市街。

昼食をとり、癒されてばかりだった南フランスにさよならをしてパリに移動します。

パリへはTGVに乗って向かいました。

TGV

パリに着いたのは夕方。夕食後外に出ると、な、な、なんと、シャンパンフラッシュのエッフェル塔が見えました!!!

このシャンパンフラッシュは毎日日没後の毎時0分から5分間だけ点灯されます☆パリに来て早々見れるとはすごくラッキーでした☆

エッフェル塔シャンパンフラッシュ
ホテル「ノボテル パリ エスト」

パリでのホテルは『ノボテル パリ エスト』です。

コメント